Yoshifum! Nagata presents ...
ウェールズ!?
カムリ!

――カムリ(Cymru)とはウェールズ語でウェールズのことです――

〜東(East)のイングランド(England)はロンドンより西(West)
へ列車で2時間の外国ウェールズ(Wales)〜

これまで語られてきたイギリス(グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国)像・・・
それは支配者イングランド、即ち、アングロ・サクソン人やノルマン人からの見解。

あるいはスコットランドやアイルランドなどケルト研究の観点からのイギリス像。

これだけで果たして、イギリスの全貌は見えるのだろうか?・・・ いや、お忘れではないですか。
そう、列車でロンドンから2時間のケルトの国、ウェールズを!

今、ロンドンからもっとも近い外国ウェールズからイングランドを眺めれば、これまで見えてこなかったイギリスが見えてきます。

Yoshifum! Nagata


朝日カルチャー・新宿教室で2016年8月5日より

レクチャー「ケルトの旅ガイド」が行なわれました!!

詳細は こちら


Yoshifum! Nagataの著作










第5版出来







in English?













(全リストはプロフィールにあります)

当サイトに関してはこちらから、当サイトでの表記についてはこちらからどうぞ。


祝! 運営開始14周年!!


祝! 運営開始13周年!!

ウェールズの口コミ
ウェールズの口コミ
幣サイト「ウェールズ!?カムリ!」がお薦めサイトに認定されました!

2017年新年のご挨拶




インターネットテレビのUstream.tv 麹町ワールドスタジオグローバルビレッジ
『オリンピックイヤーにイギリス通になろう!第6回ウェールズの魅力』
でウェールズが紹介されました。番組で使用されている写真の一部は、
弊サイトの管理人であるYoshifum! Nagataによる提供です!!
是非、ご覧ください!!
【出演】原麻里子【ゲスト】長島キャサリンさん、Tish Aokiさん 

 
(サイト内のページにランダムに飛びます!)
目次
ウェールズ!? カムリ!
――サイト&ウェールズ・ニュース(更新随時)、日本カムリ学会へのお誘い、 2013年新年のご挨拶祝1周年:制作・著作者からの言葉――

ウェールズを知る
――全般的な情報概略史言葉に関する情報ウェールズ語名物聖デウィ Dewi Sant / 聖デヴィッド St. Davidウェールズを彼らの言葉でコアな情報RBS2008年北京オリンピック2012年ロンドン・オリンピック――
ウェールズとケルト?――意外に身近なケルトの国 
――ウェールズに渡ったケルト人伝説と民話アーサー王のウェールズ・概観ウェールズと日本――

ウェールズに行く――ウェールズ旅行あれこれ
――旅情報交通宿情報収集旅の準備――

ウェールズを日本で!
――ウェールズから響く音楽ウェールズの映画――
ウェールズ写真館
――Yoshifum! Nagata撮影ウェールズ(インデックス)新着写真スライドショウ壁紙――

アングロ・ウェルッシュ文学 ――ウェールズを詠った詩人
――R.S.Thomas, priest and poet――
ウェールズを食べる
――ウェールズの料理あれこれ・インデックスウェールズで飲む――

ウェールズ・リンク集
――英語/ウェールズ語のサイト旅関連のサイト(英日混合)日本語のサイト――
ウェールズ・・・ ? ――随想もしくは雑記:
――2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年Yoshifum! Nagataの旅行記サイトポップ・カルチャー学会――


制作・著作:Yoshifum! Nagata

(C)&(P) 2004-2017 Yoshifum! Nagata
プロフィール
出版社などマスコミ関連企業の方々様へ。
お仕事お待ちしております。以下のメールからどうぞ。

お問い合わせやご感想、ウェールズに興味のある方はこちらからお気軽にお願いいたします。



運営開始:2004年5月8日
本アドレスへの移転:2008年10月21日
最終更新日:2018年09月08日


Counter
サイト・トップはこちら。





当サイトについて

当サイトは、イギリスはウェールズを多角的に日本語で紹介する個人経営のサイトです。

作者に関するプロフィールなどは、この項目のすぐ右にあります。

内容その他は特に断りなく変更・削除されることがあります。

下にフレームが表示されなければ、お手数ですがこちらから入りなおしていただくか、こちらをクリックしてください。

当サイトの画像(特に写真)はデジタル・ディスプレイなどでご覧戴く場合、画像が粗くなることがあります。これはCRTディスプレイにて編集作業を行っていたためです(2006年よりデジタル・ディスプレイにより処理)。ご了承ください。

旧タイプの目次をご希望の方は、こちらからどうぞ。申し訳ございませんが、旧タイプの目次は今後の追加や情報の追加を特別な場合を除きいたしません。ご了承ください。


当サイトの表記について

目次(このページ)にある は、そのリンク先のページが新しいページであるか、もしくは、内容が更新されたことを示します。ただし「(更新随時)」とされたページは、これにあてはまりません。

各ページ内にある は、その項目などが新しいものであることを示します。
各ページ内にある は、その項目や文章が大幅に書き直されるか、文章が新たに追加されたことを示します。
ただし、写真の位置などレイアウトを崩しかねない場合には、これらの記号が省かれる場合があります。ご了承ください。また、この項目および「(更新随時)」とされたページはこの記号がつきません。

日本語の本、映画、CDなどのタイトルの表記には『』(二十括弧)を使用し、日本語の章や曲名、引用文には「」(カギカッコ)を使用しています。

英語もしくはウェールズ語など外国語の本、映画、CDなどのタイトルの表記には、イタリック体(斜体)文字 Italic を使用し、外国語の章や曲名には ' ' (クオーテーション・マーク)を、引用文には""(ダブル・クオーテーション・マーク)を使用しています。ただし音楽専門のページはこれにあてはまりません。詳しくはこちらをごらんください。

作品名の後にある( )(カッコ)と数字は年号を示しています。

年号は1900年代のものに関しては下二桁を、それ以外は全てを表記しています。紀元一桁から二桁代の年号には、A.D.をつけてあります。

注釈は、基本的に各項目の一番下に記してあります。その項目内で注釈がひとつしかない場合は、「註」としるし、複数の場合は番号をふってあります。

主だった参考文献は各ページの最下部に列記してあります。表記の仕方は以下のとおりです。
   ・日本語の文献の場合: 作者名、『タイトル』、(翻訳者名、)(出版社、出版年)
   ・外国語の文献の場合: 作者名, タイトル, (出版社名, 出版年)
なおインターネット上で公開されているサイトの場合は、そのサイトの名前、管理者(製作者)名とともにURLを表示し、可能な限りリンクを張ってあります。

固有名詞の表記は、できる限り原音に近い音をカタカナで表記し、初出の場合はスペルをその隣に表記してあります。
ただしウェールズ語の“ll”音に関するカタカナ表記は、「新標準表記<旧標準表記>」のように表記します。詳しくはこちらをご覧ください。