ウェールズを彼らの言葉で
――ウェールズ人、ウェールズを語る/
その言葉から何が浮かび上がる?――



新着
  • [ウェールズ国]
    ウェールズ全体は歌の海である。
    All Wales is a sea of song.
    John Ceiriog Hughes, Yr Oriau Olaf, (1888)

  • [ウェールズ語]
    ウェールズ語は、ウェールズの全国民性を保護するように指導される、国を挙げての一大復興運動によってのみ、救われうる。
    The Welsh language can be saved only by a great national revival directed to securing full nationhood for Wales.
    Gwynfor Evans, in Celtic Voice vol.1 (1961)

  • [ウェールズ民族/人]
    ウェールズ人は、政党政治において自由主義(リベラル)であるのと同じくらい、神学においては保守的(コンサヴァティヴ)である。
    Wales is as conservative in theology as it is liberal in party-politics.
    Iona Williams, 'Authority and Liberal Theology'

  • [ウェールズ民族/人]
    今日、我々ウェールズ人のなかで高潔な人全員にとって、Cymro*はそれならば、相応しき、かつ、誇り高き呼び名である。
    Cymro, then, is the right name, and the proud name, for every honourable man of us today.
    Robert Scourfield Mills, Flame-Bearers of Welsh History, (1910)
       * ... ウェールズ語でウェールズ人のこと

  • [ウェールズ民族/人]
    老犬には昔の記憶あり。
    Mae hen gof gan hen gi / An old dog has an old memory.
    Proverb

  • [ウェールズ民族/人]
    月夜に犬が吠えれば、翌朝に悲しみの報せあり。
    Ci yn udo noson ole, newydd drwg ddaw yn y bore / A baying dog on a moonlit night, mournful news in the morning lihgt.
    Proverb

  • [ウェールズ民族/人]
    怒れる犬の足を踏むべからず。
    Na sang ar droed ci chwerw / Do not tread on an angry dog's paw
    Proverb

  • [ウェールズ国]
    もしウェールズの歴史を理解し、ウェールズ人の魂を知ろうとするなら、手始めに山から始めなければならない。
    If we are to understand the history of Wales, and to know the Welshman's soul, we have to start with the mountains.
    Owen M. Edwards, Cymru, (15 August 1890)

  • [ウェールズ国]
    赤龍が道を示してくれるであろう。
    The red dragon will show the way.
    Deio ab Ieuan Du,
    in poem thanking Sion ap Rhys of Glyn Nedd for the gift of a bull, (1450?)

  • [ウェールズ語]
    ウェールズ語は勇敢な言葉である。気取っていたり、唇が動かなければ、喋ることはできない。
    Welsh is a brave language and cannnot be spoken mincingly or through immobile lips.
    Elwyn Davies, A Gazetteer of Welsh Place-names (1958)









ウェールズ「国家/王国/公国」
  • アイステズヴォッドは私たち[ウェールズ人]の最もすばらしい芸術と文化のフェスティヴァルであり、私たちの文化、遺産、そして言葉を祝うチャンスをもたらしてくれる。ナショナル・アイステズヴォッドがヴェイル・オブ・グラモーガンで行われているという事実は、この地域でウェールズ語の使用を高く推奨することになるであろう。
    It’s[The Eisteddfod is] one our finest arts and cultural festivals, and provides us with an opportunity to celebrate our culture, our heritage, and our language. The fact the National Eisteddfod is being held in the Vale [of Glamorgan] will be a huge boost to the Welsh language in the area.”
    First Minister Carwyn Jones, ("National Eisteddfod will be huge boost to Welsh language, says Carwyn Jones", WalesOnline, 03/August/2012)

  • 彼らは彼らの信じる神を敬うだろう/彼らは自分たちの言葉を守り続けるだろう/彼らは国を失うだろう/ただし荒涼としたウェールズを除いて。
    Their God they will praise, / Their speech they will keep, / Their land they will lose, / Except wild Wales.
    Taliesin (6th century)

  • 1980年代に社会を壊したのは、保守党だ。不平等を増し、人々を飢えさせたのは保守党だ。社会の存在そのものを否定したのは、保守党だ。
    It was the Conservatives who broke society in the 1980s. It was they who increased inequality and gave the green light to greed. It was they who denied the very existence of society.

  • 1999年5月6日、我々[ウェールズ人]はウェールズ議会の最初のメンバーを選ぶ。[その時]ウェールズは自身の議会と、明らかに政治上で憲法にかなった独自性(アイデンティティ)を[この]600年間で初めてもつのである。
    On 6 May 1999, we shall be electing the first members of our National Assembly. Within days, Wales will have its own government and a distinct political and constitutional identity, for the first time in six hundred years.
    Dewi Watkin Powell, Cynulliad I Genedl (1999)

  • 問題は、独自の言語、文化、価値観を持ち、独自の文学や知的伝統を持ち、独自の世界観や独自の人格形成を持つ小さなコミュニティが、この小さな島々で存在し続けられるかということだ。
    The issue is whether a small community, with its own language and culture and value, its literary and intellectual traditons, its way of seeing the world, its own way of being human, can go on existing in these islands.
    Ned Thomas, The Welsh Extremist: a Culture in Crisis, (London, 1971), p. 12

  • 文明があるところ、ウェールズの石炭がある。
    Where there is civilization, there is Welsh coal.
    editornal in Welsh Outlook(April 1931)

  • 若者たちは常にウェールズ語文化圏で無視されてきた。しかし突然、かつて以上にその若者たちはウェールズ語による若者文化を創り出すのに、より重要になってきた。何が起きたのだ? ウェールズ議会がまさに確立されようとしている――これは我々ウェールズの歴史において転換期である。今より先は、ウェールズらしさは新しい政治団体によって定義される。人々はウェールズ語を使う心構えができていない。それというのも、単にウェールズ語は過去の遺物だからだ。ウェールズ語という公用語を使い、現代的なそして適切な文化を創造しないことには、――アイルランドのように――言葉は消えてしまう。
    Young People have always been ignored in Welsh-speaking Wales. But suddenly, it has become more important to create a Welsh youth culture than it ever was. What has happened? A National Assembly is about to be established -- a turning-point in our history. From now on, Welshness will be defined by the new political entity. People will not be prepared to use Welsh just because it is a relic from the past. Unless we create a contemporary and relevant culture in the national language, them -- just as in Ireland -- it will disappear.
    Simon Brooks, Diwylliant Poblogaidd (1998)

  • 我々ウェールズ人には、息子に着せてやる民族衣装すらない。これはより辛い。それというのも、息子の学校にいる少年2人はスコットランド人であり、彼らは日曜日にキルトを着るのだ。
    We haven't even a national dress for him[i.e., the poet's son]. This is the more bitter, as two of the boys at his school are Scotch and wear the kilt on Suday.
    R.S.Thomas, Letters to Raymond Garlick 1951-1999, 2009

  • 人は失望させる。だがウェールズは裏切らない。
    People will disappoint you, but Wales will never be unfaithful.
    R.S.Thomas, Neb, 1985

  • ウェールズに提示された地方自治という取るに足らない方策を、1979年の国民投票でウェールズが拒否したという愚かさは、今や、十分はっきりと見て取れる。
    Her [Wales's] folly in refusing the paltry measure of home rule offered her in the Referendum of 1979 was now seen clearly enough.
    R.S.Thomas, Neb, 1985

  • ウェールズの歴史は強奪、略奪行為、そして殺人の暦である。
    The history of Wales is a calendar of usurpations, depredations, and murders.
    Henry Penruddocke Wyndham, A Gentleman's Tour through Monmouthshire and Wales, 1797

  • ウェールズには原初の輝きが、いまだ存在する。我々はそこでまだ、古い世界の匂いを嗅ぐことができる。そしてそれは死の香ではない。
    There is still a primitive shine on Wales; one can smell the old world there still, and it is not a dead aroma.
    Rhys Davies, My Wales, 1937

  • 伝説を生かし続けること、それが最近のウェールズの歴史だった。
    Keeping the legends alive, that's all recent Welsh history has been about.
    Gethin, Cawd'r Hen Chwedlau'n Fyw, 1984

  • 時折、ウェールズに生きることは、死者が未だ生存者の数を上回ることを知ることとなる。
    Sometimes to live in Wales is to know that the dead still outnumber the living.
    Duncan Bush, 'The Graveyard in Dinorwic', 1984

  • 宗教だろうと文学だろうと、南ウェールズから全ての革命は現れる。しかし、革命が十分に展開されるのは北である。
    From the south [of Wales] comes every revolution, in religion and literature, but it is in the north that the revolution is fully developed.
    W.J.Gruffydd, Owen Morgan Edwards: Cofiant, (1938)

  • 農業はウェールズの主要産業であるべきであり、国民の基盤であるべきだ。・・・ 南ウェールズは脱工業化されなければならない。
    Agliculture should be the principal industry of Wales and the basis of its civilization. ... [S]outh Wales must be de-industrialized.
    Deg Pwynt Polisi (1933?)

  • 我々はウェールズをイングランド人の支配から解放したい。我々はウェールズを非英国化したい。
    We want to free Wales from the grip of the English. We want to de-Anglicize Wales.
    Un Iaith i Gymru (1933?)

  • ウェールズから遠く離れ、イングランドで一財産を築いている時は、ウェールズを愛すのは容易い。
    It is easy to love Wales when you are far away from it making a fortune in England.
    W.J.Gruffydd, Y Llenor, vol. 10, (Spring, 1931)

  • ウェールズは未来に背を向けた「地方」ではなく、誇り高き伝統を持ち、十分な自治能力を持つ「国」だと我々は考え始めさえするかもしれない。
    ... we might even start thinking that Wales was not a backward province but a nation with a proud tradition and quite capable of governing itself.
    Phil Williams, 'Land of Poets and Scientists,' Planet no. 85 (Feburary / March, 1991)

  • ウェールズの最も大きな悲劇はウェールズが神から非常に遠くにあり、そして、イングランドに非常に近かったことだ。
    Wales' greatest tragedy is that she is so far from God and so near to England.
    (1981)

  • ウェールズには「一国」の議会がある。それはウェールズが「国」だからだ。
    Wales has a National Assembly because it is a Nation.
    Phil Williams, The Welsh Budget, (1998)

  • ある日、ウェールズが自由になり繁栄し/苦痛が和らいだ時、彼らは自分たちが私たちだったらと、まったく願うことだろう。
    One day, when Wales is free and prosperous/ And dull, they'll all be wishing they were us.
    Harri Webb, "Our Budgie" (1969)

  • ウェールズで生きることは/絵の具が乾き草が育つ/のを視ることと同じ。
    Bwy yng Nghymru/ 'R un peth a syllu ar y paent yn sychu/ Ar y gwair yn tyfu lan.
    Datblygu, "Gwlad ar Fy Nghefn" (1992)

  • 1990年代のウェールズは1970年代のウェールズとは、全く違った場所である。
    Wales in the 1990s is a very different place from the Wales in the 1970s.
    John Osmond, 'Remaking Wales'

  • 私の中では、ウェールズはひとつだ。
    In me, Wales is one.
    Waldo Williams, 'Cymru'n Un' in Dail Prem (1956)

ウェールズと風土
  • 3月は殺す、4月は身包みを剥ぐ
    Mawrth a ladd, Ebrill a fling / March will kill, April will flay
    Proverb(date unkown)

  • 未だ偉大なる山岳が立ち、/その上で風は咆哮する
    Still do the great mountains stand,/ And the winds above them roar.
    John Ceiriog Hughes, 'Alun Mabon', 1861

  • ウェールズは山岳の国である。
    Wales is a land of moutains.
    Owen M. Edwards, Wales 1901

  • 1月は暖かく5月は寒い。
    A warm January; a cold May.
    Welsh Proverb

  • ここ[北ウェールズ]では8ヶ月冬が続く。
    We get eight months of winter here [in the North].
    R.S.Thomas's reply to Byron Rogers,(Telegraph Magazine, 7 November 1975)

ウェールズ語
  • ウェールズ「国」はまだ終わっていない。ウェールズ語は依然として生きている。
    The Welsh nation is not finished yet. The language is still alive.
    R. S. Thomas, “Reviews of Bury My Heart at Wounded Knee”(1974)

  • ウェールズ語は重要かつ典型的なウェールズ固有の特色なのだ。ウェールズ語はウェールズの民全員のものだ――ウェールズ語話者のものであると同時に非ウェールズ語話者のものでもあるのだ。
    "The Welsh language is an important and defining characteristic of Wales. It belongs to all the people of Wales ? Welsh speakers and non-Welsh speakers alike."
    "First Minister Carwyn Jones, "National Eisteddfod will be huge boost to Welsh language, says Carwyn Jones," WalesOnline, (03/Aug/2012)

  • ウェールズ語はウェールズの文化的アイデンティティと、その特質にとって必要不可欠な一部分を占めている。ウェールズ語は私たちが一国として何者であるかを決定づけるのを助けてくれる。
    The Welsh language is an essential part of the cultural identity and character of Wales. It helps to define who we are as a nation
    Alun Ffred Jones AM, Minister for Heritage, "Forward," A living language: A language for living, A strategy for the Welsh Language, (Welsh Assembly Government Consultation Document)" (2010)

  • 私は古いウェールズ語の崇拝者である。そして古いウェールズ語を罵るものには共感を全く感じない。それでもなお、お金を作り出す最も良い媒体は英語だとわかるような世界はもう十分なだけ見てきた。私は今、わが同胞一人一人に英語を完璧に習得することをお勧めしたい。もしブラウンの食パンで満ち足りるならば、もちろん、ここウェールズにいることができる。しかしもし、人生の豪華さに加え、白い食パンを楽しみたいならば、唯一の道は英語を十分に学ぶことだ。
    I am a great admirer of the old language, and I have no sympathy with those who revile it. Still, I have seen enough of the world to know that the best medium to make money by is the English language. I want to advise every one of my countrymen to master it perfectly; if you are content with brown bread, you can of course remain where you are; if you wish to enjoy the luxuries of life, with white bread to boot, the only way to do so is by learning English well.
    David Davies of Llandinam, in speech at the National Eisteddfod, Aberystwyth(1865)

  • 生い立ちがどこであれ、もし我々ウェールズ人が持つ言葉の多様性を、誰もが楽しむことができる本当にバイリンガルなウェールズを望むなら、次のウェールズ議会はウェールズ語を第2級言語として扱っているこの政策を覆さなければならない。
    If we want a truly bilingual Wales, where everyone from whatever background can enjoy our linguistic diversity, then the next Assembly must reverse this policy which treats Welsh as a second-class language.
    Cartrin Dafydd, "Row over plan for new Assembly language law",
    Western Mail (19/March/2011)

  • ウェールズに英語があふれているからといって、英語が外国語でないとは誰にも想像させるな。
    Let nobody imagine that because there is so much English in Wales, it is not a foreign language.
    R. S. Thomas, 'The Creative Writer's Suicide',
    in Planet, no. 41 (Jan 1978)

  • 私たちを他とははっきりと異なった国にし続けるのは、私たちの言葉である。そしてそれゆえに私たちが私たちの言葉を守るのは理にかなっている。
    It is our language that keeps us a distinct nation, and because of that it is reasonable that we should keep our language.
    R. J. Derfel, 'Cadwriaeth yr Iaith Gymraeg', Traethodau ac Areithiau (1864)

  • ウェールズ語はもはやかつてのように、政治のサッカーではない。
    The [Welsh] language is no longer a political football in the way it once was.
    Ron Davies, Wetern Mail (1998)

  • 誰も愛国的な理由のみで、ウェールズ語の本を買い、読んだりはしないでしょうに。
    No one can be expected to buy and read Welsh books for patriotic reasons alone.
    Kate Roberts, 'Y Nofel Gymraeg' in Y Llenor (1928)

  • この国ではウェールズ語は公用語である。そのことは法律で宣言される必要はない。英語も法律でそうだとは宣言されていない。英語もまた、公用語なのである。
    Welsh is an official language in this country. That does not have to be stated in law. It is not stated in law in respect of English. English is also an official language.
    Sir Wyn Roberts MP in speech in House of Commons(1993)

  • ウェールズと結びつけられる全てのことの中で、最も重要かつ最も価値のあるものは、独自の言語である。
    The most important and valuable of all things connected with Wales is her language.
    James Kenward, For Cambria, 1868

  • ウェールズの人々は、英語しか喋らないものでさえ、ウェールズ語の生き残りには興味を抱いている。けれどもその人々も、ウェールズ語に地方分離や特権の大義名分になってほしくはない。
    Welsh people, even those who speak only in English, are interested in the survival of Welsh, though they do not want it to be the cause of division and privilege.
    Nicholas Edwards MP, in speech at the Conservative Party Conference, reported in The Times, 1977

  • 聖デヴィッドの日には、学校のとっても多くの教職員がウェールズ語を喋られることに、多くの子どもたちが驚かされた・・・ 。
    Many were surprised to learn on such days [i.e., every St.David Day] that a good number of the [school]staff could speak Welsh, ....
    R.S.Thomas, Autobiographies, 1992-1997

  • この四半世紀ほどウェールズ語が奨励されたことは、これまでなかった。また同時にウェールズ中に英語がこれほどまでに広まったこともなかった。
    Never has the Welsh language been more encouraged than during the last twenty-five years, and never, in the same compass of time, has the English spread itself so much over the principality.
    William Jones, The Character of the Welsh as a Nation in the Present Age, 1841

  • 我が国の子らに完全なバイリンガルで教育をしてほしかった。そしてウェールズ語を最優先にしてほしかった。それというのもウェールズ語は、当時[60年代]、急速に死に絶えようとしていたからである・・・ 。
    I wanted the children of my country to have a full bilingual education, and the Welsh language to have a priority because it was then[in the 60s] dying out fast...
    an interview with Denis Coslett, Roy Clews, To Dream of Freedom

  • S4Cが存在した10年間の間に、ウェールズ語の全般的な状況が非常に改善されたことは、疑いの余地もない。
    There is no doubt that the general status of Welsh has improved immensely during the ten years of S4C's existence.
    Ned Thomas, 'Ten Years On,' in Planet, vol.96, (December 1992/January 1993)

  • ウェールズの母親よ、自分の子供たちにウェールズ語で喋りかけなさい。子供たちが自分たちの言葉で神を愛することを学ぶのは、父親からではなく、あなた方母親からなのですよ。
    Mothers of Wales, speak Welsh to your children ... It is from you, not from their fathers, that they will learn to love God in their own language.
    Lady Llanover, Y Gymraes, vol.1, (1850)

  • ウェールズ語は生きるか、絶えるだろう。学校の中でではなく、人々の家庭で。
    Welsh will live or die, not in the schools, but on the hearths of the people.
    Welsh Outlook, (January 1926)

  • ウェールズ語は現実の人生の言葉ではなく、官庁の言葉になりうるのだろうか?
    Could Welsh become the language of officialdom but not of real life?
    Dylan Iorwerth, 'Full Hearts and Emptyu Vessels,' A Week in Europe, (1995)

  • 今日ウェールズでウェールズ語を回復することは、革命の他ならないだろう。成功は革命的な方法によってのみ可能である。
    It will be nothing less than a revolution to restore the Welsh language in Wales today. Success is only possible through revolutionary methods.
    Saunders Lewis, Tyged yr Iaith, (1962)

  • ウェールズ語はウェールズにおけるイングランドの/英語の政府を追放することのできる唯一の武器だ。
    The Welsh language is the only weapon which can supplant English government in Wales
    Saunders Lewis, Barn, (March 1963)

ウェールズ民族/人
  • 如何に俺が脱出したいかを君に告げるのは不可能だ。ウェールズ人の偏狭さや猥雑さ、そして、不変の醜悪さというものから俺は脱出したいのだ。・・・もう飽き飽きだ。そしてこの残酷な国は俺を殺しつつある。
    It's impossible for me to tell you how much I want to get out of it all, out of the narrowness and dirtiness, out of the eternal ugliness of the Welsh people .... I'm sick and this bloody country's killing me.
    Dylan Thomas, in a letter to Pamela Hansford Johnson, (October 1933)

  • ウェールズの道徳的健康のために、そして、国民の道徳的かつ肉体的幸福のために、南ウェールズは産業解体されなければならない。
    For the sake of the moral health of Wales and the moral and physical well-being of its population, south Wales must be de-industrialized.
    Saunders Lewis,"Deg Pwynt Polisi", (1933)

  • ディラン・トマスは明らかに有能な作家である。だが、“英語で書くウェールズ人”<アングロ=ウェルッシュ>ではない。イングランド人なのだ。
    Mr. Dylan Thomas is obviously an equipped writer, but there is nothing hyphenated about him. He belongs to the English.
    Saunders Lewis,"Is there an Anglo-Welsh Literature?", (1938-1939)

  • 英語で詩を書く若いウェールズ人が多くいる。彼らは、自らがウェールズ人であることを情熱的に主張する・・・私はそういう人間じゃない。
    There is a number of young Welshmen writing poems in English who, [are] insisting passionately that they are Welshmen.... I do not belong to that number.
    Dylan Thomas, Dylan Thomas: The Broadcasts, ed.by Ralph Maud, (1991)

  • ウェールズよ、いとしきウェールズよ、私は我が血にウェールズ人の血潮が流れているに違いないと信じている。やさしきウェールズ人の間にいて、非常にうれしく、自然に、そして、くつろぐようにつねに感ずる。
    Wales, sweet Wales, I believe I must have Welsh blood. I always feel so happy and natural and at home among the kindly Welsh.
    Francis Kilvert, entry in diary(12/April/1875)

  • ウェールズ人は未だ古風で、保守的な民族である。そして少なくとも文学においては、決して搾取にされたことはない。
    The Welsh are still an old-fashioned, conservative people, who have never been exploited, in literature at least.
    Edward Garnett, (in a letter to Geraint Goodwin, 24/March/1936)

  • 指導者となるものに橋にならせよ
    Let him who would be a leader be a bridge.
    Anonymous (1060)

  • ウェールズで育っただけ十分幸福な私たちは、過去に対して健全な尊敬の念を持っています。歴史上はそんなにすばらしい出来事はないですが――たとえ今では、物事に関して新しい見方というものや、ちょっとばっかり軽視されることがあるしても、何世代も通じて受け継がれてきた民話や伝統は、まだウェールズにあり、そして、楽しまれているのです。
    Those of us who were lucky enough to grow up in Wales have a healthy respect for the past. Not so much great events in history -- .... Stories and traditions which have been passed down through the generations are still there to be enjoyed -- even if there's a new take on things now, and a bit more irreverence.
    Cerys Matthews, "Foreword", Welsh Traditions and Traits, written by Chris Stephens, (2007)

  • ダイ「俺の義理の母は天使だぜ」――ウィル「運がいいね! うちのはまだ生きているんだ!」
    (ウェルッシュ・ジョーク)
    Dai says, "My mother-in-law's an angel." Wil replies, "You're lucky! Mine's still alive!"
    Dilwyn Phillips, Welsh Jokes, (Y Llolfa, 2002)

  • さらば英国国教会! こんにちは、非国教徒の教会!
    Good bye, church! Bore da, chapel!
    Chris S. Stephens, Welsh Traditions and Traits (2007)

  • 一番良いウェールズ人とは、流浪の身のウェールズ人である。
    The best Welshman is a Welshman in exile. (Gorau Cymro, Cymro oddi cartref)
    Proverb(date unkown)

  • これがこの国[ウェールズ]の人々の弱いとことです。人々は苦しみに対し、ものすごい許容力をもっている。ですが、それをその苦しみの原因に対して行動に移すところまでいかないのです。
    This is the weakness of his own people: they had a heroic capacity for suffering, but it did not extend to acting against the cause of that suffering.
    Kate Roberts, Traed mewn Cyffion, (1936)

  • 愛は巨人より強し
    Trech serch na chawr
    Proverb(date unkown)

  • 本当に故郷? 歩きに行くにつれ、スランダフの川岸では『望郷の念』(ヒラエス)の太陽は輝き、私は水の踊りに思わず足を止め、釘付けになる。
    Home indeed? As I go walking/ the sun of hiraeth is shining/ in Llandaf, on the riverbanks, / and the waters' fluid dance / makes me stop to watch.
    Mereid Hopwood, "Cardiff Born",
    edited by peter finch and grahame davies, The Big Book of Cardiff

  • 私の母国は、夏の星の王国である。
    My original country is the region of the summer stars.
    Taliesin(late 6th century)

  • 神を崇めたまえ! 我らは音楽を愛する国である。
    Praise the Lord! We are a musical nation.
    Dylan Thomas, Under Milkwood(1954)

  • 恋をしている時はウェールズ語を喋り、金勘定をしている時は英語を喋る。
    We speak in Welsh when we're in love, and English when we're counting.
    A friend of Peter Sager, the aurthor of Pallas Wales (Pallas Athene, 1991)

  • 詩人が希望を失った世界とはどんな世界だ?
    What is the world without a poet's hope?
    Lewys Morgannwg (1520-65)

  • イングランド人を打ち負かすことに関しては、俺たちは気にもかけないね。
    As long as we beat the English, we don't care.
    Kelly Jones of the Stereophonics, BBC Wales (April 1999)

  • ウェールズ語の話者は己のアイデンティティを主張しなければならない。それというのも、自ら主張しなければこのアイデンティティは敬意を払われることがないからである。
    The Welsh speaker has to assert his identity, because this identity will otherwise not be respected.
    Ned Thomas, The Welsh Extremist: a Culture in Crisis, (1971)

  • 一日は長くとも、夜は必ず訪れる。
    Cyd bo hirddydd, daw ucher. / Though the day be long, evening will come.
    Welsh proverb

  • ウェールズ人は世界で最も素晴らしい、専業役者である。しかし我らウェールズ人には劇場がない。いや、必要としない。それというのも人生が我々にとって十分大きな舞台となるからである。
    The Welsh are the finest full-time actors in the world. But we have no theatre. We do not need one; life is a large enough stage for us.
    Ron Davies, My Wales (1937)

  • 俺はカーディフ/南ウェールズ・ロウランド(低地)の訛りは、言語的な人種差別から多くの損害を被っていると思う。訛りや方言のどれをとっても非常に特徴的であり、その全てを、ウェールズ語を生き続けさせているのと同様に、守るべきだ。
    I think the Cardiff/South Wales lowland accent suffers a lot from linguistical racism. Every accent/dialect is unique and we should preserve every one of them as well as keeping the Welsh language alive.
    Sion, Vale of Glamorgan, BBC - South East Wales Voices - Valley Voices(2005?)

  • ウェールズ人は絵画や造形芸術、建築、劇、そのどれをも生み出してこなかった唯一の国である。ウェールズ人はただ歌うだけなのだ。
    The Welsh are the only nation in the world that has produced no graphic or plastic art, no architecture, no drama. They just sing ... .
    Evelyn Waugh, Decline and Fall(1928)

  • @私はウェールズ人である。A私は飲んだくれである。B私は人類を愛するものである、特に、女性をね。
    One: I am a Welshman; two: I am a drunkard; three: I am a lover of the human race, especially of women.
    Dylan Thomas(Spring, 1995)

  • ウェールズの(音楽)シーンで良いことは、バンド全部が完全に違った音を奏でることさ。カタトニアはスーパー・ファーリー・アニマルズのような音は出さないし、スーパー・ファーリー・アニマルズはマニック・ストリート・プリーチャーズのような音は出さないしね。
    The good thing about the Welsh scene is that all the band sound totally different. It's like Catatonia don't sound like the Super Furries and the Super Furries don't sound like the Manics.
    Sutuart Cable (ex-Stereophonics drummer)(Danny O'Connor, Stereophonics - Just Enough Evidence to Print (Virgin, 2001))

  • [南ウェールズはカマーマンの]グラナマン・ロードの一方の側には家はなく、ただ運動場とこの屋外プールがあったんだ。俺はそのプールの脇で夏の間、音楽を聴いて過ごしていたことを覚えているよ。本当に全てが音楽を中心に回っていたんだ・・・ 。
    There are no houses on one side of Glanaman Road, [Cwmaman, South Wales,] just playing fields and this outdoor pool. I just remember spending summers by that pool listening to music. Everything revolved around listening to music really, ...
    Sutuart Cable (ex-Stereophonics drummer)(Danny O'Connor, Stereophonics - Just Enough Evidence to Print (Virgin, 2001))

  • アーサー[・ケーブル、スチュアート・ケーブルの父親]は食べて、寝て、散歩をして、そして、ラグビーに溺れたのよ。
    Arthur [Cable, the father of Sutuart Cable] ate, slept, walked and drank rugby.
    Mabel Cable, the mother of Sutuart, (Danny O'Connor, Stereophonics - Just Enough Evidence to Print (Virgin, 2001))

  • 英語化されたウェールズ人(アングロ・ウェルッシュ)は、今や文学を手に入れた。
    The Anglo-Welsh now have a literature.
    Gwyn Jones, The First Forty Years (1957)

  • いいや、イングランド人ではない。/いいや、我々は絶滅していない。/そう、ウェールズ人だ。
    No, not an Englishman./ No, we're not extinct./ Yes, a Welshman.
    Iwan LLwyd, "Iawn, gei di ofyn cwestiwn personol" (1997)

  • 私たちは英語で書くけれども、ウェールズに根ざしている。
    Though we write in English, we are rooted in Wales.
    Keidrych Rhys, Wales no.1, Summer 1937

  • 南ウェールズの人は、特に少しばかり興奮している時、北ウェールズの人が15分で話すことを、5分で話すだろう。
    ... one of them[the people of the South] will talk as much in five minutes as a Northwalian will in fifteen, especially when he is a little excited.
    William Jones, The Charater of the Welsh as a Nation in the Present Age, (1841)

  • 私は断言する。ウェールズが嫌いだ。そして、ウェールズ人も嫌いだ。他のどんな場所や民族よりも嫌いだ。なぜなら、ウェールズもウェールズ人も、愛そうと努めてきた私自身に他ならないからだ。
    I hate Wales, I tell you -- and the Welsh. I hate them more than any other place and people because they are my own whom I have tried to love.
    Rhys Lloyd, The Battle to Weak, (1925)

  • 余所者の支配から己の国を自由にすることは、真のウェールズ人全員の義務である。
    It is the duty of every true Welshman to work to free his country from the rule of strangers, ....
    The Socialists of Llanelly Hill, (1900?)

  • 知恵の三兄弟。人の話に耳を傾ける者、よく見る者、そして黙っている者。
    Tri brodyr doethineb - wrendy, a edrych, a daw
    Welsh proverb

  • ウェールズ人が自身を詩人、キリスト教の説教者、歌手やスポーツマンと考えることは安全である。だがもし真実が明るみにでたらどうする? ――ウェールズ人は本当に科学者、技術者そして企業家の国だという真実が明るみにでたら?
    It is quite safe for the Welsh to think of themselves as poets, preachers, singers and sportsmen. But what if the truth came out: that the Welsh are really a nation of scientits, engineers and entrepreneurs?
    Phil Williams, 'Land of Poets and Scientists,' Planet no. 85 (Feburary / March, 1991)

  • 我らは豊富な伝統を持った人々。だが歴史的な記憶がない。
    We are a people with plenty of traditions but no historical memory.
    Gwyn A. Williams, The Welsh in their History, (1982)

  • ウェールズ人炭鉱夫には多くの悪徳がある。だが飲酒は悪徳のうちではない。
    The Welshman has many vices, and drinking is not one of them.
    Caradoc Evans, 'The Welsh Miner,' New Witness, (1916)

  • 朝毎日起きるたびに、自分がウェールズ人であることを神に感謝するの
    Every day when I wake up I thank the Lord I'm Welsh.
    Catatonia, "International Velvet" (1998)

  • 幸運とは自分がウェールズ人であることを知ることだ。
    Happiness is knowing you are Welsh.
    車のステッカー(1970)

  • ウェールズ人であること、そして、世界を緑で塗ることは素晴らしい。
    It's sweet to be a Welshman/And to paint the world green.
    Robat Gruffuddd, I'r Chwyldro, (1969)





ウェールズ?! カムリ!
選定と翻訳:Yoshifum! Nagata
(c)&(p) 2008-2014: Yoshifum! Nagata








目次はこちら。
サイト・トップはこちら。