『カペル・ケラン』
 撮影:2005年9月2日
カペル・ケラン(Capel Celyn)は村の名前。リバプールに水を供給するために、ダムの底に沈められた村の名前。
カペル・ケランにはウェールズ語を喋る村人たちが平和に暮らしていた。イングランドはそれを、1965年10月に強制的に立ち退かせたのである。

I have walked the shore
For an hour and seen the English
... elbowing our language
Into the grave that we have dug for it.
私は1時間湖畔を歩いた
そしてイングランド人が
私たちが私たち自身の言葉を求めて掘り返してきた
墓へと私たちの言葉を肘で押し込んでいるのを見てきた。
R.S.トマス 「貯水池」(Reservoirs)




写真と文章:Yoshifum! Nagata
(c)&(p) 2004-2006: Yoshifum! Nagata




ウェールズ写真館に戻る。
サイト・トップはこちら。